ryoballet-rogo根岸諒バレエスタジオ

Profile講師紹介

諒先生写真1
諒先生写真3
諒先生写真4
諒先生写真2

根岸 諒 Ryo Negishi

15歳よりバレエを始める。

⼩松原真美⼦バレエ研究所に所属する傍ら、北原秀晃(元東京バレエ団芸術監督兼プリンシパル)、ボンダレンコ(ボリショイバレエ学校教授)に師事。

1997年より新国⽴劇場バレエ団に所属。各バレエ研究所にゲストダンサーとして出演。

同バレエ団退団後、根岸諒バレエスクールを設⽴。
2014年4⽉ 根岸諒バレエスタジオに名称変更。

真央先生写真4
真央先生写真2
真央先生写真3
真央先生写真1

阿部 真央 Mao Abe

6歳より盛岡市の⼩柳玲⼦バレエ教室にてバレエを始める。

2003年⽇本バレエ協会東北⽀部コンクール第2位。昭和⾳楽芸術学院バレエ科を⾸席にて卒業。

2009年に井上バレエ団に⼊団。バレエ団公演にて、くるみ割⼈形の⾦平糖の精、雪の⼥王、ジゼルのペザント、⽩⿃の湖のオデットなどを踊る。

2013年(公社)⽇本バレエ協会主催合同バレエ「卒業記念舞踏会」の即興第1ソロを踊った。2016年新国⽴劇場でのバレエアステラスに出演。2017年NHKバレエの饗宴に出演。

2009年より根岸諒バレエスタジオで講師をつとめる。

阿部 佳弥子 Kayako Abe
バレエリトミック

札幌大谷短期大学音楽科卒業。同大専攻科教育音楽コース修了。教員免許状取得。ヤマハ音楽能力検定演奏グレード5級、指導グレード5級取得。ヤマハ認定講師として10年間ピアノ教師を務める。リトミック研究センター教員養成校にて指導資格ディプロマA取得。日本ジャック=ダルクローズ協会会員

4歳よりクラシックバレエ、6歳よりピアノを学び、大学在学中より日本バレエ協会北海道支部の講習会、オーディション等の伴奏者を務める。 ローザンヌ国際バレエコンクール日本事業部主宰セミナー(‘99~04)、札幌芸術の森バレエセミナー(’05~’14)にてバレエ、キャラクターダンス、コンテンポラリーダンスの伴奏を務める。 ‘06年からはトム・ボスマ(元デン・ハーグ王立コンセルヴァトワール・ダンス部門副部長)のワークショップにてキャラクターダンス(民族舞踊)伴奏を専任で務めるている。 映像メディアではDVD「発表会で踊りたいヴァリエーション・レッスン」にて伴奏。 J SPORTS放映の「効くコレ!ピラーティス」に自作曲提供。

現在は東京にて新国立劇場、井上バレエ団、オープンクラス、セミナー、コンクール等でレッスン及びリハーサルピアニスト、ダンスパフォーマンスの音楽構成アドバイザーを務める他、ピアノとリトミックの指導を行っている。

宮本 望 Nozomi Miyamoto
バレエエクササイズ・バレエクラス

ささきえつこバレエアカデミーでバレエを始める。 ささきえつこ・坂本憲志・小川亜矢子・早川惠美子・博子等に指導を受ける。 2005年より日本バレエ協会、早川惠美子・博子バレエスタジオの公演に出演。2019年都民フェスティバル「白鳥の湖」出演。札幌芸術の森バレエセミナー、トム・ボスマキャラクターダンス講習会受講。

・日本バレエ協会会員
・ささきえつこバレエアカデミー教師
・ティップネスキッズバレエ教師

体験レッスン体験レッスンアイコン